学科目標

土地改良及び農地の保全、開発や環境に関する知識や技術を習得させると共に、快適な生活空間の創造を目指した農業土木技術者として必要な能力と態度を育てるとともに時代の進展に対応できる人材を育成します。「土・水・空気」などの自然環境を生かしながら、活力のある地域を作り上げる農業土木技術者を目指します。

学習する専門科目

基礎科目

農業と環境 主要作物の栽培と地域環境調査を中心に学習しています。
農業情報処理 情報処理について学習し、資格取得にも取り組んでいます。

中核科目

農業土木設計 水と土の基本的性質と構造物の特質について学習します。
農業土木施工 農業・農村における農業基盤整備や生活環境整備に関する土木施工について学習します。
測 量 測量の知識や技術について学習します。

共通科目

課題研究 自ら課題を設定し、解決に向けた実験・実習に取り組みます。
総合実習 農業土木や環境調査などの技術の習得および産業現場での体験など総合的に学習します。











概 要

 学科再編により環境土木科として生まれ変わりました。金農を代表する科として多くの公務員を輩出しています。